over north(オーバーノース)

キャンプ 初心者のマナーが悪い?

こんにちは!

overnoth WEB担当のこばです。

 

今回は、最近問題が表面化しつつあるキャンプ場でのマナーについて記事を書いていきたいと思います。

 

キャンプ初心者のマナーが悪い?

 

感染症の蔓延によって2019年から2020年にかけては3割減少したアウトドア参加人口も、主にソロキャンパーの増加によって数年単位で見れば明らかに増えています。

特に、以前からキャンプを趣味や生活の一部とされている方にとっては、アウトドア参加人口の増加はいい意味でも悪い意味でも身近に感じられていることと思います。

やっぱりアウトドア参加人口が増えると、それなりの恩恵があると思っておりまして、まず挙げられるのがキャンプ場の増加なのではないかと思います。

 

キャンプ場

 

昔は無料の所も多かったというのもありますが、炊事場(水道)があればいい方で、トイレも汚いのが当たり前というか、その状況を許容してキャンプを楽しむのが普通でした(無料だからしょうがないかという感じ?)。

温浴施設もないですから、お風呂に入りたい人はわざわざ車で温泉施設やスーパー銭湯に向かわなければいけないというのが普通でした。そういった施設まで歩いて行ければめちゃめちゃいいキャンプ場という感じでしたね(1日程度なら体を洗わないのを許容している人も多かったはず)。

ですが現在では、キャンプ場によって違いはあるものの、電気が使える電源サイトのキャンプ場があったり、キャンプ場内に温泉が完備されているキャンプ場まで出てき始めています。もちろん、そういった施設はトイレの管理も行き届いているところが多い印象です。

 

電源サイトのキャンプ場

 

当然ながら、そういう所は入場料・施設利用料としてのそれなりの料金が発生する訳ですが、昔と違って様々なタイプのキャンプ場が増えてきてその点は喜ばしい事ですよね!

 

もちろん現在でも無料の所はそれなりの施設だったり何もないところもあったりするのですが、ソロの場合はそもそもテントサイトを離れるのが難しい場合や、野営っぽい感じを楽しむ人も多いので、むしろ好都合と思っている方もいるかもしれません。

一方で、アウトドア参加人口が増える中でのデメリットと言うか問題点として挙げられるのが、キャンプ場でのごみの放置やプライバシー侵害等のマナー違反かと思います。

 

マナー違反以外にも、漫画からアニメ、実写にもなった”ゆるキャン△”やソロキャンプインフルエンサーの影響で女性のソロキャンパーが増えたことにより、その女性達を狙った犯罪も増えてきて新たな問題として浮上しています。

 

ゆるキャン△

 

SNSを見ていると、そういった被害に遭いそうになった女性の投稿も散見されますし、折角キャンプ・アウトドアに興味を持ってくれた女性達が、キャンプが原因で心に傷を負ってしまうというのは本当にやるせないです。

 

この問題は改めて個別で記事にしたいと思っていますので深堀はしませんが、当然、問題はそれだけではなく、上でも書いたように、ごみや焚火跡・消し炭の放置、区画が決まっているのに勝手に赤の他人の区画内に入ってきて、挨拶程度ならまだしも、何かしらの文句(所有しているテントがその人よりいいやつだったパターンとか?)を言ってきたり、しまいには自分が出したごみを隣の区画内に投げ入れてくることもあると言います。

 

キャンプ場の花火のゴミ

全てが初心者の方という訳ではないとは思いますが、以前に比べてこういったことが明らかに散見されるようになってきたという意味を考えれば、やはり初心者の方が多いのではないかと思ってしまいます(短絡的かもしれませんが…)。

 

大半の方はしっかりと周りにも気を配りながら楽しまれているので、こういった記事を書くのはどうかとは思ったのですが、一人でも多くの方が嫌な思いをせずにキャンプを楽しむことができるようになればという思いから書かずにはいられませんでした。

ですので、今回の記事に関しましては、私の個人的な意見も多分に含まれておりますことをご理解の上、この後も読み進めて頂けますと幸いでございます。

 

キャンプ初心者を騙す別の問題も

 

こういった問題がある一方で、テントやポータブル電源などの高額商品を激安で売っているように見せて、クレジットカード情報やお金をだまし取る偽サイトの横行など、新たな問題も浮上しています。

高級キャンプ用品メーカーであるスノーピーク製品の世界的な人気にも代表されるように、今やテントやシュラフの価格は上昇の一途を辿っています。スノーピークさんは永年保障なので、高くてもしょうがないかなーと一応フォローしておきます(笑)

 

アウトドア参加人口が増えたことによって、必然的に、より快適さを求める人が増えた結果、”高級”テントやシュラフが市場に増えてきたというのはあるでしょう。

また、あくまで私の個人的な見解ですが、冬の極寒の中でキャンプをする、通称”冬キャン”が流行し始めたというのも価格を押し上げている原因として挙げられるのではないかと思います。

 

冬キャンプ

 

当然、人間ですから気温が低くなれば体温を奪われていき、しまいには命に危険を及ぼします。

じゃあ、冬にキャンプするなよって言われてしまいそうですが、冬はなんてたって虫がいません!(笑)

 

虫は嫌いだけど、キャンプはしたい!って人にとっては、冬は最高の環境ですし、何より単純に、人って冬にキャンプをしたくなってしまう生き物なんですよね。。。この理由はいまだ解明されていません(笑)

とは言え、他の季節に比べると明らかに命の危険に晒される確率は上がってしまいます。

その確率を下げる為に、テントやシュラフに使用する素材の高品質化や機能の向上により価格が上がっているというのもあるのではないかと思います。

もう一方のポータブル電源も、冬キャンでのQOLを向上させる為に普及したと言っても過言ではないアイテムだと思います。

 

ポータブル電源

 

冬キャンでの寒さ対策には本当に様々なものがあります。

 

薪ストーブやら、石油ストーブ、人によっては強力なホッカイロだけで乗り切るという猛者もいる訳ですが、これらは状況により命に危険を及ぼします。

 

実際に痛ましい事故に至ってしまった一酸化炭素中毒を起こしてしまう可能性もありますし、どこまで行っても火事の可能性はゼロではありません。

そんな中、電気があれば使える比較的安全な寒さ対策が電気毛布です!

 

電気毛布

 

テント内が温かくなるわけではないのですが、人間の体温を維持するのには十分な機能を備えていますよね。

それに不可欠なのが電気、アウトドアの環境であればポータブル電源という訳です。

快適さで言えばストーブ達に軍配が上がるのは明らかですが、安全性を重視するのであれば電気毛布は外せません。

 

それ以外にも、キャンプ生活での快適さを求めるならばそれなりの電化製品は必要ですし、スマホの充電もしなければいけません。

 

そうなると、ポータブル電源は必須という結論になってくるという訳です。

 

とは言え、ポータブル電源はとんでもなく高い!!

 

それこそ、性能やメーカーによりピンキリではありますが、安くても5.6万円はしますし、高ければ20万円を超えるものも…!

 

そこを突いてくるのが偽サイトなんですよね。。。

 

ポータブル電源偽サイト

 

上の画像のように、ポータブル電源の有名メーカーであるJackeryさんのホームページでも注意喚起がされていますので、気になった方は一度確認しておいた方が宜しいかもしれません(画像をクリックするとJackeryさんの上記ページに飛ぶようにしてあります)。

 

これと同じように、高級テントの偽サイトもありますので、安易にポチらないようにすることをおススメいたします!

少しでも安く!というのは分かりますが、あくまでも値段の比較検討は有名なネットショッピングモール内で止めておくのが宜しいかと個人的には思っています。

 

まとめ

ということで、今回は『キャンプ 初心者のマナーが悪い?』というテーマからスタートして最終的に偽サイトの注意喚起に脱線してしまったのですが、いかがでしたでしょうか?

 

少しでも、この記事をご覧になった方のお役に立てていれば幸いでございます。

 

over northでは、このようなキャンプに関する記事を時々更新しつつ、金属加工会社として長年培ってきた技術を活かし、金属製のキャンプ用品の企画・開発・販売を行っております。

 

気になった方は、上部メニューの商品一覧ボタンを押して頂ければと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

世の中にないものを提供する | over north(オーバーノース)

over north(オーバーノース)

over north(オーバーノース)では、長年培ってきた金属加工の技術を活かして、世の中にないものを提供することを目指し、金属製アウトドア用品・家庭や飲食店での使用を想定したオシャレな金属皿を取り揃えております。グリルプレートや焚火台、メスティンの蓋のロックパン等の開発・製品化もしており、材質は鉄やステンレス、チタンなどさまざま。ソロキャンプにおすすめです。

屋号 有限会社北越金型
住所 〒959-1273
新潟県燕市杉名794
営業時間 平日9:00~17:00(土・日・祝日、お盆・年末年始を除く)
定休日 土・日・祝日
代表者名 佐藤 広敬(サトウ ヒロタカ)
E-mail info@over-north.com

コメントは受け付けていません。

特集