over north(オーバーノース)

ロックパンSの対応メスティンはこちら!

皆さま、こんにちは!
over north WEB担当のこばです。

 

今回はロックパンSの対応メスティンに関して、改めて記事にさせて頂きたいと思います。

 

ニトリブラックメスティンに嵌めたロックパンS

 

その理由としまして、少し前に争奪戦が繰り広げられた(最近はどうなのか分かりませんが)ダイソーのブラックメスティンがトランギアタイプのロックパンSに嵌まることが判明したからでして、徐々に対応メスティンが増えていってる中、ここら辺で改めてまとめておいた方が良いだろうと思った次第でございます。

 

ロックパンSの種類

 

メスティンの蓋にもなる鉄板”というコピーで今年(2021年)の4月からインターネット限定で販売を開始したロックパンSは、現在2種類のラインナップがございまして(ロックパン自体には”S”以外に”L”と”SC”が存在)、それぞれで対応するメスティンが異なります

 

○現在のロックパンSのラインナップ

・トランギア(SMALL210,SMALL310)対応版

※クラウドファンディングでは”α”と表記

・Milicamp(MR-250※Pro含む)対応版

※クラウドファンディングでは”β”と表記

 

ロックパンSの開発をスタートした当初は、正直ここまでメスティンの種類(メスティンを作るメーカー)が増えるとは思っていなかった為、トランギア対応バージョンのみで行く予定だったんです。

 

ところが、ロックパンSを発売開始した当初から電話やお問い合わせなどに、Milicampメスティンに対応したバージョンを発売してくれという声が度々寄せられたんですよね。

画像はイメージです(私ではございません)

 

できれば対応したいとは思っていたので、箱に記載された寸法の比較や実際に計測してみたりした結果、Milicamp製メスティンはトランギアよりも数ミリ短辺側が大きいことが判明しました(長辺側は同寸ですが個体差アリ)。

 

トランギアよりも小さければ、密閉感は劣るもののロックパンSをそのまま嵌めることができます。

 

ですが、実際は逆。ロックパン側を何とかしないことには一生嵌まりません。

 

何とかそのお声に応えたいという想いはあったのですが、一から製品を作るとなると、蓋としての機能の肝となる縁を曲げる工程で必ず新たな金型が必要になってしまい、時間と資金が必要になる為、正直言いますと最初の頃は断っておりました。

 

ですが、何とか金型を新たに作らずに早急に対応できないものかと試行錯誤を繰り返した結果、内側の角を数ミリ削ることによって、MilicampメスティンにロックパンSを嵌めることができたのです。

ロックパンS加工中

 

上記を読んで頂いた方の中にはピンときた方もおられると思いますので正直に言いますと、Milicamp対応バージョンロックパンSを購入頂ければ、ロックパンSに対応する全てのメスティンに嵌めることができるのは事実です。

 

トランギアとMilicamp両方のメスティンをお持ちなのであれば、それもアリかと思います。

 

とは言え、メスティンの蓋として炊飯をサポートするとなると、数ミリとは言え隙間が空いてしまう分、やはり対応したロックパンSをご使用頂いた方が良いのではないかというのが私達の見解でございます。

ですので、分かりやすいように対応メスティンを別々で明記しているという訳でございます。

 

ロックパンSの対応メスティンについて

メスティンの種類

ロックパンSに対応するメスティンで文字通り、こちらから合わせに行ったトランギアMilicamp以外は、正直申し上げて副産物でございます。

 

つまり、上記の二種類以外は最初から対応しようと思ってロックパンSを設計した訳ではなく、試してみたら嵌まったというのが正しいです。

 

恐らくは、使っている型が同じとか、型を作ったところが同じとか、OEMとか、そういう具合だと思います。(あくまでも予想です)

 

また、メスティンの種類が多すぎて全てを手に入れるわけにはいかずまだ確認できていないメスティンもございます。

 

ただ、ロックパンSをご購入頂いた方からの温かい情報提供により判明したものもございますので、そちらは遠慮なく掲載させて頂きたいと思います。

 

○ロックパンSに対応している(嵌まる)メスティン

 

・トランギア対応ロックパンS ※クラウドファンディングでは”α”と表記

トランギア(SMALL210,SMALL310)、ニトリ(ブラックメスティン750ml)、ダイソー(1.5合炊きフッ素加工タイプ)

 

・Milicamp対応ロックパンS ※クラウドファンディングでは”β”と表記

Milicamp(MR-250,MR-250 Pro)、山善(MESS-1)、ドン・キホーテ(ライスクッカーM)、コーナン(オリジナル SOUTHERNPORT)、名もない中国製(winpy-jijii様の動画より)

 

※上記は現在判明している物のみを掲載しています

 

因みに参考にさせて頂いた動画はこちらです

 

winpy-jijii様

よっさんニュース24【CAMP】

○ロックパンSに対応していない(嵌まらない)メスティン

 

・LOGOS メスキット

⇒形状からして嵌まらないのがご理解頂けるかと思います

 

・8A GARAGE スリップメスティン

⇒サイズ的には嵌まってもおかしくはないのですが、お客様からの情報により嵌まらないことが判明しております

 

※上記は現在判明している物のみを掲載しています(SサイズやLサイズなどの明らかなサイズ違いは除外)

 

現在、私達の方で明らかになっているものは上記の通りでございます。

 

恐らく嵌まるであろうというメスティンもあるのですが、確認が出来ていない為、情報としては載せられないという部分がございます。

 

もし、上記以外でご存知の情報がございましたら、弊社のTwitterへDM、もしくは当HPのお問い合わせから情報をご提供頂けますと幸いでございます(お時間ございましたらで大丈夫です)。

 

 

まとめ

ロックパンとメスティンで朝ごはん

 

ということで、今回はロックパンSの対応メスティンに関して記事にさせて頂きました。

 

改めて記事にしてみますと、私も整理ができて良かったです!

 

最後に一点補足情報と言いますか、これは好みという言い方になってしまうかもしれませんが、動画内でもお二人が言及されていたように、トランギア対応ロックパンSにニトリのブラックメスティンを嵌めた場合ピッタリすぎる為に外す際に少々力を掛けなければならず、炊飯後で熱くなっている状態ですと、万が一にも火傷をしてしまう可能性が出てきます。

 

その可能性をなるべく排除したいという方は、Milicamp対応のロックパンSをご購入頂いた方がよろしいかと思います!

もしくは、サンドペーパーでロックパンSの内側を少し削って下さい。

密着度は減少しますが多少の余裕ができる分、外しやすくなります。

 

今のところは、これ以上対応メスティンを増やす為に新たなロックパンSを出す予定はございませんが、万が一、どこかのメスティンが爆売れした場合は対応するかもしれません(笑)

 

さすがにないとは思いますが、その時はよろしくお願い致します!

世の中にないものを提供する | over north(オーバーノース)

over north(オーバーノース)

over north(オーバーノース)では、長年培ってきた金属加工の技術を活かして、世の中にないものを提供することを目指し、金属製アウトドア用品・家庭や飲食店での使用を想定したオシャレな金属皿を取り揃えております。グリルプレートや焚火台、メスティンの蓋のロックパン等の開発・製品化もしており、材質は鉄やステンレス、チタンなどさまざま。ソロキャンプにおすすめです。

屋号 有限会社北越金型
住所 〒959-1273
新潟県燕市杉名794
営業時間 平日9:00~17:00(土・日・祝日、お盆・年末年始を除く)
定休日 土・日・祝日
代表者名 佐藤 広敬(サトウ ヒロタカ)
E-mail info@over-north.com

コメントは受け付けていません。

特集